TT2 3回目|解剖学1、アーユルヴェーダ

PR




TT2の3回目です。
みんな集合が早い。TT1からの仲良しが多いみたいで、早くきておしゃべりしているみたいです。
TT1の時は結構ぎりだったのですが、早めにいかないと良い場所が取れなそう。

今回は2コマとも理論になります。実技がないのは今回だけです。
TT1より、学ぶ量は少ないですが、奥が深いです。一気に難しい。

最初にスーリャナマスカーラをAと3回、Bを3回おこなって、軽く体を動かしました。
前回のアーサナの復習がないのは残念。

解剖学1

今週と来週、2回解剖学が続きます。
TT1より、部位に深く入っていきます。
今回は上腕にフォーカスした内容でした。
上腕がしっかりしないと支えられないポースが多いし、怪我をする原因にもなります。

とにかく難しい。骨や関節の名前がたくさん出てくるので拒否反応を起こします。
ペアになって、骨の動きを実際に確認しました。
自分の背中の骨は触ってもわからないのですが、ペアの方の骨を確認できました。

理論をもとに実技練習。
骨がカチッと音がするわけでないので、骨がはまっているのかわからず苦戦。

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダの歴史や目的、3つのタイプとタイプごとのやらないほうがいいことなどを
学びました。時間が短いのに膨大な量で最後は時間が足りませんでした。
すごく面白くて、もっと知りたくなりました。

3つのタイプ診断。
ワータ、ピッタ、カパを診断しました。
私は、カパでした。

カパは体を動かした方がいいらしいので、ヨガをやっているのはあっているかも。

アーユルヴェーダは発祥もヨガと同じ時代やエリアで、ヨガと兄弟と言われるくらいの関係。
日常生活にアーユルヴェーダを取り入れていったら、よりよいヨガライフを送れそうです。

アユールヴェーダはヨガの兄弟だし、教えられるようになったらいいなと思い
検索してびっくり!あまりに授業料が高くて速攻あきらめました。
ヨガのTTより高い・・・。

自分自身に取り入れられる程度の知識と学ぶとします。

PR


[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

PR




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です